画像をクリックすると。。。。。

TOP >   >  熱い!熱い!!熱い!!!

熱い!熱い!!熱い!!!


写真商品名
ROOKIES (2) (ジャンプ・コミックス)
最高です、この作品は・・・。教師・川藤が元生徒を殴ったという「暴力事件」の秘話に思わず目頭熱くなりました・・・・(涙)。
常時スパナを持ち歩く問題生徒・張本に対して川藤が言い放った言葉。

「お前にはその人を睨みつける目があるだろう!文句があるならその減らず口があるだろう!腹が立つならその拳で殴ればいいじゃないか!それをそんなものに頼るなんてどれだけ情けなくてカッコ悪い事か何でわからないんだ!弱虫野郎!」

この川藤の言葉が私の心の琴線に触れました。実際にいたんです。高校時、私のクラスに。張本のような問題児が・・・。

アイツにも見せてやりたいなぁ(笑)。
引用元:熱い!熱い!!熱い!!!

上原多香子

H2とはまた違った雰囲気の熱血野球漫画。乱闘事件で廃部になった野球部を、国語教師として赴任して来た川籐先生がまとめ上げ、甲子園を目指す。主人公の安仁屋はどことなくスラダンのミッチーに似ている気もするが、それでも迫力ある試合は見ていてドキドキする。初期のメンバー10人はどれも似ていてあまり個性がないような気がしていたが、この漫画に一気に色をつけてくれたのは、後半で登場する新一年生の濱中の存在ではないのか?お調子者だけど、真っ直ぐに人を信じることができる純真な不良。部に入ったはいいが、初心者であるためエラーの連続。そんな時、彼はふと思う。「俺、なんで野球やってるんだろ?」そしてその答えをメンバーと一緒に試合の中で見出していく。最後はあっけなかったが、もっともっと続いてほしかったと思う作品だ。
引用元:

関連エントリー

TOP >   >  熱い!熱い!!熱い!!!